eポートフォリオで学校が変わる(4)今、求められるeポートフォリオとは

たとえ教師が熱弁を振るう一斉授業であっても、自ら「なるほど!それで?」と自問自答しながら前のめりに取り組んでいる児童生徒は、ただボーッと参加している者と比べて、格段に多くのことを学んでいます。逆に、一見とても盛り上がっているグループ学習であっても「面倒くさい、早く終わってほしいな」と思いながらやっている学習は、ただの作業にしかならず、学びは乏しいものになるでしょう。学習効果を上げるためには何が必要なのでしょうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。