矯正教育最前線~学校との連携を模索して(4)学校とつながる少年鑑別所の新たな取り組み

少年鑑別所は主に、家庭裁判所による処分が決定する前の子供たちを収容し、なぜ非行に至ったのか、どうすれば立ち直れるのかを、医学、心理学などの知識・技術を用いて明らかにし、処遇の指針を提案する国の機関です。子供一人一人に、心理の専門職員と教育の専門職員がそれぞれ担任となり、面接、心理検査、行動観察などを行っています。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。