AI時代の学校教育と教師に求められる資質能力(3)具体的な授業活用のイメージ

eye-catch_1024-768_matsuda_fin東京学芸大学副学長 松田 恵示





前回は、AL(Adaptive Learning)について少し触れたが、実際のところ、そもそも「AI」がALという個別な適応学習を具体的にどのように提供してくれるのか、なかなかイメージできない場合も多いと思う。

学習指導の場面で使われるAIについて、具体的にどのようなイメージを持てばいいのだろうか。ここで、図を見ていただきたい(Puente、Vol.09、東京都行政書士会2018)。

この図は、総務省などが示しているいくつかの資料を参考にして、AIの利活用のイメージを表したものである

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。