矯正教育最前線~学校との連携を模索して(5)赤城少年院における義務教育指導

eye-catch_1024-768_yokoyama_fin監修 國學院大學名誉教授 横山實

少年院は、家庭裁判所において少年院送致の保護処分の決定を受けた者などを収容し、矯正教育と社会復帰支援を行う施設であり、在院者の特性に応じたさまざまな教育のコースを設けています。赤城少年院は、主に中学生を対象とした義務教育課程Ⅱという矯正教育課程が指定された少年院で、在院者の標準的な矯正教育の期間は約11カ月です。

少年院の矯正教育は、生活指導、職業指導、教科指導、体育指導および特別活動指導という五つの指導分野で構成されており、義務教育課程の在院者に対しては、教科指導として学習指導要領に準拠した義務教育指導を行っています。当院の在院者は、基礎学力が低く学習意欲が乏しいこと、適切な対人関係を築くのが苦手であること、自己肯定感が低いこと、大人への不信感が強いことなどが特徴として挙げられ、心身共に発達段階を考慮した処遇が求められます。

教科指導の実施に当たっては、在院者の学力に差があることから、習熟度別のクラス編成をしています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。