eポートフォリオで学校が変わる(6)「主体的・対話的で深い学び」の事例

eye-catch_1024-768_morimoto_fin東京学芸大学教授 森本 康彦

高校の先生方と話すと、eポートフォリオが教科以外の探究的な学習やボランティア、修学旅行・留学などの活動の履歴を残すためだけのシステムだと誤解している人が多いのに気付きます。それは、eポートフォリオの一部の機能に過ぎません。探究活動もボランティアも旅行行事も、主体的・対話的で深い学びそのものですから、「eポートフォリオを必要としている」、ただそれだけです。今、eポートフォリオの活用で成功している学校の多くが、教科の授業を中心に使っています。

長崎南山中学校・高校の徳田憲一郎教諭(化学担当)は、1単元を一つの授業として捉え、実践しています。生徒ははじめに、それまで学んだ内容や分からなかったことを踏まえて学習目標を設定し、eポートフォリオに記録することで見通しを持ち、授業に取り組みます。次に、教師から学びの核となる事柄の説明を受け、その核をつかむための問い(教科書精読のための問いや探究を促す問いなど)をグループで対話し、自ら学び方や教材を選んで、eポートフォリオに記録しながら学習を進めていきます。教師は、それらを上手に支援し、全体の学びへと引き上げます。最後の段階では、学んだことを相互の振り返り(相互評価と自己評価活動)や全体での議論を通して教訓化できるところまで深め、成果を精選してeポートフォリオに記録し、次の授業につなげます。

考査終了後は、その結果とそれまでのeポートフォリオを見返しながら「できたこと/できなかったこと」を振り返り、次の学びに向け学び方を改善しています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。