AI時代の学校教育と教師に求められる資質能力(4)コンピューターが関係モデルを創出

eye-catch_1024-768_matsuda_fin東京学芸大学副学長 松田 恵示


ところで、AIとICTの違いはどこだろうか。どちらも情報に関する技術のように思えるし、デジタルテクノロジーという点では同じように見える。情報処理や情報通信技術に、コンピューター科学を掛け合わせたものがICTで、さらに「深層学習(ディープラーニング)」などの人工知能技術が掛け合わされたものがAIということになろう。

前回までに触れてきた学習指導におけるAIの利活用は、従来のICT利活用による学習指導の工夫の次の段階だ。これまでが「教育の情報化」と呼ばれるのに対して、AI以降は「教育の高度情報化」と呼ばれている。情報化でさえ苦手感がある現場では、AIの動きはとてつもなく現実感に欠けるところがあろう。

最も特徴的な技術の一つである「深層学習」について、考えてみよう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。