矯正教育最前線~学校との連携を模索して(6)少年院における修学支援

eye-catch_1024-768_yokoyama_fin監修 國學院大學名誉教授 横山實

「高等学校に戻りたい」「専門学校に進学したい」「大学で学びたい」など、非行をして少年院に送致された在院者にも、修学に関する夢や希望があります。少年院では、再び非行をさせないための矯正教育と、健全な社会生活を継続させるための社会復帰支援を行っていますが、そうした彼らのニーズは、再非行を防止するための必要性と合致すると考えています。

多摩少年院は、在院者の大半が18歳以上であり、既に中学校を卒業した者を処遇の対象としています。入院者の学歴を見ると、現在最も多いのが高校中退者で、在院者の約半分を占めています。

そうした状況の中、当院では、社会復帰支援として、在院者のニーズを拾い上げ、さまざまな形で修学を支援することに力を入れています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。