AI時代の学校教育と教師に求められる資質能力(5)生きることを面白くする力に注目

eye-catch_1024-768_matsuda_fin東京学芸大学副学長 松田 恵示

AIの利活用で教育がどのように変わる可能性があるのか――。これまで、その一端を見てきた。今回は視点を変え、このような「with AI」の社会では子供たちはこれから何を学ぶ必要があるのか――という点について考えてみたい。

AIを特徴づける主要な要素の一つは、学習する事柄を機械自らが見つけ出して、ルールや法則を探り出す「深層学習」という方法であった。前回も述べたように、2012年に画像認識のコンテストでカナダの研究者が開発した仕組みが圧倒的な成果を残したことにより、それまでの積み重ねに弾みがつき急速に広がった新しい技術である。しかし、この技術の発展に関する予測と、それが社会に与えるインパクトは計り知れないほどの大きさを持っていることは、ここまでの教育への利活用からも想像できる。

AIの利活用が進む「with AI」の社会への転換期において、教育には何が求められるのだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。