矯正教育最前線~学校との連携を模索して(8)発達障害などのある在院者への教科指導

eye-catch_1024-768_yokoyama_fin監修 國學院大學名誉教授 横山實


少年院では、障害またはその疑いのある者に対して、支援教育課程および医療措置課程というコースを設け、個々の障害特性に配慮した処遇を実施しています。支援教育課程は、知的障害、発達障害など処遇上の配慮を要する者を対象とし、医療措置課程は、身体疾患や精神疾患を有する者を対象としています。医療措置課程を有する少年院は、関東医療少年院と京都医療少年院の2庁であり、他の少年院と比べて医療体制が充実しています。

これらの少年院には、中学生から高校を卒業した者まで幅広く対象者がおり、中学生には学習指導要領に準拠した指導が行われます。学歴や年齢によるものだけでなく、少年たちの能力は多様であり、同じ中学生でも四則演算がままならない少年がいる一方で、微分積分をやすやすと解いてしまう少年もいますので、個別の対応が必要となります。

一方、個別の指導だけでなく、集団場面での関わりを前提とした教育も重要です。…

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。