eポートフォリオで学校が変わる(9)eポートフォリオ活用のポイント(1)

eye-catch_1024-768_morimoto_fin東京学芸大学教授 森本 康彦

  最後に、2回にわたってeポートフォリオを効果的に活用するためのポイントを説明します。

 (1)「主役は児童生徒である」=学びの記録をeポートフォリオとして蓄積・活用しながら学びを深めていくのは児童生徒です。主役は学習者=子供たちです。教師は、子供たちがいつも生き生きと学びに向かえるよう支え続ける影の主役です。

 (2)「eポートフォリオをためることは目的ではなく手段である」=児童生徒の学びとその評価をさらに促進させることが真の目的です。…

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。