AI時代の学校教育と教師に求められる資質能力(7)キーワードは「Just in Time Teaching」

eye-catch_1024-768_matsuda_fin東京学芸大学副学長 松田 恵示

「with AI」時代の「生きる力」とは、AIという新しい技術環境の世界にあって「生きることを面白くする」に関わる力である。もちろんそこには「about AI(知る)」、「for AI(使う)」という領域も、「学び」の内容として加えられる必要がある。知ること、使うこと、共に生きることは、三位一体であり、お互いがお互いを支え合い、刺激し合う関係になるからだ。

例えば、STEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics)教育は、プログラミング教育でもよく知られる、AI時代の教育の代表例である。AIやIoTなど高度情報化が進むこれからの「超スマート社会」で、学術領域をつなぎ、新しい技術を活用できることが不可避であるため重視されている。

今般改定された学習指導要領においても、プログラミング学習は、小学校で算数、理科、総合的な学習の時間などの中で実施することとなり、高校では「理数探求」という、理科と数学にまたがる科目が新設された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。