矯正教育最前線~学校との連携を模索して(9)塀の中の中学校

eye-catch_1024-768_yokoyama_fin監修 國學院大學名誉教授 横山實

 松本少年刑務所には、日本で唯一の「塀の中の中学校」松本市立旭町中学校桐分校があります。桐分校の歴史は、戦後間もないころにさかのぼります。当時、収容中の受刑者のうち、約8割が義務教育の未修了者であり、その学力は著しく低い状況にありました。

 そのような事態を憂慮した当時の所長を始めとする関係職員が、受刑者の学力の向上を図りました。「中学校卒業」という資格を与えるのは、更生意欲を喚起するとともに、社会復帰後の就労支援としても有用との観点から、長野県教育委員会、松本市教育委員会、旭町中学校に協力を求め、松本市議会の議決を経て、1955年4月、旭町中学校桐分校は産声を上げました。

 2010年度からは、「聴講生制度」を導入し、中学校を卒業した者でも、桐分校で学ぶことができるようにするなど、その当時の時代の流れを反映させながら着実にその歴史を刻み、今日に至るまで754人(聴講生25人)の卒業生を輩出してきました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。