AI時代の学校教育と教師に求められる資質能力(8)人間と技術の新しい関係性考える

eye-catch_1024-768_matsuda_fin東京学芸大学副学長 松田 恵示

AIの利活用で教育はどう変わり、何を教える(学ぶ)必要があるのかについて連載では考えてきた。第1回で触れたように、AI時代とは、体の外にある「もう一つ」の知能が使える時代であり、そのような「with AI」の社会が人間の幸福をどのように広げるのかを考えることが教育に求められている。

「技術」には必ず「光」と「闇」がある。

AIにも当然、光と闇の部分が存在する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。