クオリティ・スクールを目指す(128)『君たちはどう生きるか』を読む

eye-catch_1024-768_takashina-school教育創造研究センター所長 髙階玲治





語り合いたい生き方への向き合い方


『君たちはどう生きるか』は、漫画も新装版もよく読まれている。私は、岩波文庫(1982)で読み、次いで漫画を読んだ。原作は吉野源三郎であるが、漫画では描ききれない世界が存在すると考えたからである。

主人公は「コペル君」というあだ名の中学生であるが、その彼が出合う多様な経験について叔父さんがさまざまなアドバイスをする構成になっている。その「おじさんのノート」は漫画にできない。しかし、コペル君が遭遇する出来事のたびに書かれる叔父さんのノートは、原作を読むように適切である。いわば人生論が語られていて説得力がある。

その構成について、説教的だと語る読者がいたが、私が思い出したのは、原作が最初に生まれた1935(昭和10)年当時は、地域共同体のような社会がみられて、子供が何かで親にひどく叱られて泣き崩れているとき、近所に住むおじさんや先輩が話を聞いて、なぜ叱られたのか、どうすればよいか、などアドバイスする環境があったのではないか、ということである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。