カリキュラム・マネジメントとは何か?(3)想像力で切り開くこれからの教育

上越教育大学教職大学院教授 西川純

普通の子供のアクティブ・ラーニング

前回は、トップ大学に進学する子供のアクティブ・ラーニング(主体的・対話的で深い学び)を紹介しました。しかし、そのような子供は最大に見積もっても数パーセントです。では、圧倒的大多数の子供にとってアクティブ・ラーニングは無関係なのでしょうか。いえ、違います。大多数の子供にとって「生き死に」のレベルで重要なことです。

日本では、終身雇用が一般的ですが、そのような雇用慣習があるのは日本だけです。いや、日本も1954年からの神武景気以前は終身雇用ではありませんでした。

神武景気以降60年間、日本は基本的に好景気でした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。