複雑化する学校トラブル スクールロイヤーの役割(6)子供の最善の利益に向けた支援

学校からの相談事例には、児童生徒の問題行動や保護者対応での困難事例が多い。児童生徒の問題行動では▽他の児童生徒と教師に対する暴言・暴力や注意・指導をしても規律違反が減らない▽反抗的でうそが多い――など。保護者対応の相談では、▽精神上の課題や虚言、矛盾な挙動▽思考過程が不明瞭で情緒も不安定なために話し合いのらちが明かない▽学校攻撃が繰り返されて疲弊感や閉塞(へいそく)感で教員が押しつぶされそう――などである。いずれも困難な問題だが、解決に向けたモデルケースにこんな例え話がある。

注意欠陥多動性障害の疑いがある男子児童が、数人の児童らと集団下校していた際、転倒して膝を擦りむいて泣いたので同級生らが保健室に連れてきた。担任も駆け付け、養護教諭とけがの状態を確認した後問題がないと判断。児童に「男の子なのだから泣いてはいけない」と励まし、泣いている背中を「ポン」と押して帰宅させた。翌日、保護者から学校に「子供が先生にたたかれたと言っている。痛がる子供を叱りつけ無理やり帰宅させた。『体罰』『人権侵害』ではないか」「普段から担任には粗暴な振る舞いがみられると保護者から心配の声が上がっている。学校は問題を把握していたのに放置していた責任がある」と苦情が寄せられた。

校内研修でこの話をすると、多くの教員は「保護者・児童生徒対応の困難事例だ」と感想を述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。