PDCAサイクルは回っているか? 忙しくするだけの改革から新時代の改革へ(10)マネジメントサイクルは回っているか その10

元東京都立西高等学校長 石井杉生

シリーズの最後である今回は、A(改善)の段階の課題と併せて、PDCA全体の課題を述べてみたい。まず、A(改善)の課題について、前回のC(検証)と密接に関係しているが厳密な検証が行われていないため、改善策が有効だとは限らない。

教育の検証はなかなか難しい。良かれと思ってやることが必ずしも生徒に受け入れられるとは限らないからだ。子供たちの成長は予想できないことが多い。だからといって、マネジメントサイクルを避けて通ることはできないし、無視するわけにもいかない。

こう考えたとき、私の出した結論は「限定して使う」ということである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。