クオリティ・スクールを目指す(131)読解力の低さにみられる課題

eye-catch_1024-768_takashina-school教育創造研究センター所長 髙階玲治





AIではできない力の獲得を


将来においてAI(人工知能)が格段に進化することは確かであるが、その結果として人間が職を奪われるのではないか、と心配する声が大きい。すでに将来、AIにとって代わられる仕事、代わらない仕事などが予測されている。恐らくは近未来において徐々に転換が起きるであろう。

それに対して学校教育は子供の将来的な資質・能力をどう身につけるか、が問われることになる。いわば、AIにはできない「力」を身につけることが重要になる。

ところで新井紀子教授(国立情報学研究所)の調査によれば中・高校生などで極めて「読解」が低いという深刻な実態がみられるという(『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』東洋経済新報社、2018)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。