校長のパフォーマンス(89)インナーコミュニケーションの大切さ

eye-catch_1024-768_takashina-performance教育創造研究センター所長 髙階玲治


 最近、教育環境も加速度的に情報であふれるようになったが、学校や教員への浸透度はかなり低いという印象がある。新学習指導要領が変わり、多くの情報が伝搬されていても、ほとんど自覚的に受容されていない実態がみられる。

 校内でのコミュニケーションの場が極端に少なくなっている。むしろ、個々の職務に専念するという名目で職員会議の回数や打ち合わせの時間を減らす学校も多くみられる。しかし、少ない会議で共通認識が得られ、協働体制が保持できるのは、個々の教員の力量が十分備わっている場合である。若手教員が増加している現状では無理なだけでなく、新指導要領に移行するという課題を抱えている時期では校内の共通認識は必須である。多忙化もあって、それが十分ではない。

 現在、学校の働き方改革が多様に論じられているが、改革で必要なのは単に多忙化軽減のみではない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。