複雑化する学校トラブル スクールロイヤーの役割(10)法律は伝家の宝刀



これまで9回の連載をお読みいただいた感想はどのようなものだろうか。

弁護士が書くものだから、もっと法的でロジカルな内容を期待していた読者も多かったかもしれない。

スクールロイヤーの仕事は、問題行動を起こしたり不登校になったりした子供の「子供観」を見取り、教員が子供と保護者にどう「寄り添う」かを支援するといった、エモーショナルな事柄に通じることが多い。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。