学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(5) 遠隔合同授業を支える技術

 私たちもテレビ会議を仕事で使うのが一般的になってきた。家庭でも、遠く離れた実家の両親に孫の顔を見せている人は多いだろう。テレビ会議はひと昔前、なかなかスムーズにいかないこともあったが、技術の進展と共に悩みも減ってきている。環境整備により、「遠隔合同授業の敷居はそう高くない」とお考えの方が多いかもしれない。

ただ、授業の実施となると格段に難しくなる。先ほど挙げた例は、少人数のコミュニケーションである。会議でも、多少の工夫や少しの我慢で乗り切ることができる。

一方、遠隔合同授業では、「対面の授業に相当する」ことが条件になる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。