肢体不自由生徒の観点から見る~高校の特別支援教育(4)学校教職員の専門性

横浜国立大学教育学部博士・高野陽介

肢体不自由の生徒をサポートする上で、「特別支援教育コーディネーターの活用」や「専門性のある教員の配置」に関する課題もある。

特別支援教育コーディネーターは、学校の特別支援教育を推進するため、主に校内委員会や校内研修の企画・運営、関係諸機関や学校との連絡・調整、保護者の相談窓口の役割を担う。

筆者が全国の全日制、定時制課程の高校4939校(2015年度・学校基本調査参照)に実施した調査では、回答校全体(1536校)の特別支援教育コーディネーターの配置状況は約70%だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。