学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(8)最近の実践例(3)多様なICT活用と日常化

 山口県萩市では、市立佐々並小学校と明木小学校の2校が文科省委託事業に関わり、継続的に実践をしてきた。2校は同じ中学校区にあるものの、10キロほど離れている。多様なICT機器を駆使した日常と同じような授業スタイルを構築している。

 受信側の学校から見ると、相手校の教師がT1になって、教室の画面越しに指導をしてくれる。受信校にはT2の担任教師がいる。T2はT1とやりとりしながら授業を進めたり、個別学習をフォローしたりする。

 グループ学習では、タブレット端末を利用して、相手先の児童と算数の計算過程を説明し合っていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。