肢体不自由生徒の観点から見る~高校の特別支援教育(6)技能教科の在り方を再考

横浜国立大学教育学部博士・高野陽介

肢体不自由な高校生が、学校の学びで最も困難を抱えるのが「技能科目」である。

肢体不自由な高校生がいる110世帯に質問紙調査を実施したところ、肢体不自由のために学習が最も困難な教科・科目として「保健体育」を挙げている。回答者の半数以上が他の生徒と同じ内容の運動を行うことに困難さを抱えている。

現状では、障害の部位や程度にかかわらず、肢体不自由がある生徒の体育授業への参加は十分に保障されていない。別課題、見学、教室での自習となり、学習の制約を受ける場合が多い。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。