肢体不自由生徒の観点から見る~高校の特別支援教育(7)学校行事の配慮

横浜国立大学教育学部博士・高野陽介





文科省の「合理的配慮」の観点の中に記載はないが、高校に在籍する肢体不自由生徒と保護者が学校側にサポートを求めているのが「学校行事の配慮」である。

筆者が全国の高校に実施した調査では、実際に肢体不自由の生徒を受け入れているか、受け入れたことのある学校462校で、学校生活全般で最も対応が可能と考えていたのが学校行事の配慮だった。全体の約9割が十分に対応できていると捉えている。

しかし、肢体不自由の生徒とその保護者を対象にした110世帯への質問紙調査では、「保健体育」の次に参加が困難な項目として挙げているのが「学校行事」だった。学校側の意見とは相違がみられる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。