学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(10)未来に向けて


 この連載もいよいよ最終回を迎えた。最後は最終回らしく「遠隔合同授業の未来」で締めたい。

 日本の将来について機械的な対処をすると暗い未来が待ち受けている。人口減少社会の中で、財政上、教員を減らさざるを得ない。教員を補うため、遠隔合同授業を実施する。そういうシナリオである。

 これは、高校ですでに関心が高くなっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。