肢体不自由生徒の観点から見る~高校の特別支援教育(9)進路指導の改善に向け

横浜国立大学教育学部博士・高野陽介

肢体不自由の生徒は、高校に入学するまでにさまざまな問題に直面するが、卒業後を含んだ出口の支援にも課題はある。「進路指導」では、肢体不自由の生徒と保護者が共に、さまざまな悩みや不満を抱えている。

高校に進学した肢体不自由の生徒がいる110世帯への調査では、高校卒業後の進路について「大学・短大」の進学希望者が約7割を占めて最多だった。次いで「就職」「専修・専門学校」という結果になり、このいずれかで進路を選択する傾向が見られた。

このような状況下で寄せられる進路指導の要望には、進学や就職に関する情報提供や具体的な指導、進路指導を担当する教員の姿勢などの指摘がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。