クオリティ・スクールを目指す(135)ゲーム依存は深刻な病に

eye-catch_1024-768_takashina-school教育創造研究センター所長 髙階玲治


若者が陥りやすい精神疾患


 最近、街頭で片時もスマホを離さない若者の姿を見かけることが多い。スマホの普及は急激で中高校生や小学生にも広まっている。

 こうした事態は国際的なもので、生活に支障をきたすオンラインゲームに没頭する依存状態を、世界保健機構(WHO)が最近、国際疾病分類に「ゲーム障害」として精神疾患に位置付けた。

 その「ゲーム障害」はどのようなものなのか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。