校長のパフォーマンス(91)校長は授業のよい目利きになる

eye-catch_1024-768_takashina-performance教育創造研究センター所長 髙階玲治

全国学力・学習状況調査は質問紙による学校調査も行っている。その中で特に目についたのは校長の授業見回りである。「校長は、校内の授業をどの程度見て回っていますか」の問いに小中学校とも「ほぼ毎日」が平成20年度以降、毎年増加を続けていて、今年度は小が70.2%、中が46.8%である。

調査を開始した20年度はといえば、小は38.3%、中は25.5%であった。現在はほぼ倍近くになってきたといえる。また、「月に数日程度」や「ほとんど行っていない」は現在では数が少なくなっているが、20年度当時は小が22.4%、中が34.9%もみられた。校長の授業への関心の高まりは、学力向上とともに教員個々の授業力向上への期待がみられるであろう。ただ、この調査では「授業をどの程度見て回っていますか」ということで、よく校長にみられる廊下沿いに教室を見て回る程度なのか、人事考課の一環として授業観察して事後に面談を行っているのか、よくわからない。

期待したいのは、事後面談も含めて授業のアドバイスを校長が積極的に行ってほしいことである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。