ダークペダゴジー ― 教師をむしばむ負の指導法(3)脅迫的反省指導の問題点

東京電機大学助教 山本 宏樹

万引、喫煙、いじめなどの問題行動に対する指導で重要な達成目標になるのが「生徒の反省」である。反省を深めることは罪を償うためだけでなく、同じ過ちを繰り返さないために自分を見つめ直し、問題行動の原因を取り除くためにも重要である。

生徒の反省の深まりを知ることは現実的に難しく、生徒の態度から類推する他ない。そのためか、反省指導の中には、脅迫や懲罰に頼ることで生徒を萎縮させ、「形だけの反省」へ拙速に帰着させている場合が少なくないと見受けられる。

例えば、一般的な反省指導の方法に反省文がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。