イエナプラン ―インクルーシブな学びの実現―(3) 違いの豊かさ学びに生かす

日本イエナプラン教育協会特別顧問 リヒテルズ 直子


 イエナプランの「20の原則」では、まず、人は皆「ユニークで、かけがえのない価値を持つもの」と捉えている。つまり、イエナプラン教育の出発点は、子ども一人一人が異なる存在であるとの認識だ。伝統的な学校で行われてきた画一一斉授業と同じ年齢の子どもは「同じ」ことができるはずと「同質的な集団」として捉える考え方には、真っ向から対立する。

 イエナプラン校では、通常、低学年(4~6歳)、中学年(6~9歳)、高学年(9~12歳)でグループ(クラス)を構成する。2~3年の年齢幅がある集団でクラスを作るのだ。イエナプラン創始者のペーターセンは、異年齢学級をドイツなどで伝統的にあった徒弟制の職業集団に模した。子どもたちは、まず「弟子」の立場でグループに入り、「熟練工」に成長し、「マスター」になると見なした。

 子どもたちは、実際、2~3年間を一つの教室で過ごす。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。