ダークペダゴジー ― 教師をむしばむ負の指導法(6)追い込み指導

東京電機大学助教 山本 宏樹

「しごき稽古」と類似したダークペダゴジーとして「追い込み指導」が挙げられる。努力不足の叱責(しっせき)、スタメン外しや退部、退学などの不利益な処遇をちらつかせ、被教育者を窮地に追い込み、苦境を脱するための試行錯誤を通じて成長させようとするものである。

 今年5月に起きた日本大学アメフット部の選手による危険タックルはその最たる例だ。「相手チームの選手をつぶせ」と言う監督やコーチの指示に従って危険なタックルをし、相手選手を負傷させた。

 加害選手は試合や練習への参加を禁じられたばかりか、日本代表チームへの参加を辞退するよう命じられた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。