イエナプラン ―インクルーシブな学びの実現―(5)仲間に学び共に生きる

日本イエナプラン教育協会特別顧問 リヒテルズ 直子





イエナプラン教育の基本活動の第一は「対話」だ。対話をするとき、人は自分の考えを言葉に置き換える努力をする。その努力は自分の考えをより正確に人に伝える努力でもある。

対話は相手の考えを言葉を通して理解することでもある。自分とは違うものの見方をする人の考えに触れることで、私たちは思い違いを修正し、より深い考えに至ることができる。つまり、対話は話す力と聞く力を同時に養い、自分のものの見方や考え方を一層深める、学びそのものなのだ。

イエナプラン校では、日々、さまざまな対話が行われている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。