高校ALのタネ ― アクティブな学びを育てる学校経営論(10)教師と生徒が笑顔に

茨城県立並木中等教育学校校長・中島博司


 本校では、「今なぜアクティブ・ラーニング(AL)なのか」という問いを踏まえ、2017年の夏の研修会まで、「20年前にはなかったが、現在、存在する職業の名称」「あと10~20年でなくなる職業の名称」という課題でワークを実施していた。

 このワークは、野村総合研究所がオックスフォード大学と共同研究し、15年12月に発表した「10~20年後に日本の労働人口の約49%がAIやロボットなどに代替される可能性が高い」というメッセージをきっかけに実施した。ワークでは「仕事が変わる」中でALが重要になる点を考察した。私は15年からALと並行して「新テスト(大学入学共通テスト)」「新学習指導要領」についても研究していた。そのため、「大学入試」と「教育」が変わるという観点からも、ALの重要性を説いていた。

 17年8月、産業能率大学が主催する「キャリア教育推進フォーラム」で衝撃的な出会いがあった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。