イエナプラン ―インクルーシブな学びの実現―(8)共同体意識の醸成

日本イエナプラン教育協会特別顧問 リヒテルズ 直子



基本活動の最後は「催し」だ。語源になったオランダ語の「Viering」には「祝う」という意味があり、イエナプランでは、皆で行う催しと広く捉えている。慶事に限らず、人の死や病気、事故、災害などに際しても皆で集まる。苦しみや悲しみも学校共同体の成員(子ども、親、教員)で共有することに意味を見いだしている。イエナプラン校では、クリスマスやイースター(復活祭)などのキリスト教の年間行事だけでなく、ユダヤ教やイスラム教など、他の宗教儀式も子どものアイデンティティーを踏まえ行事として尊重する。

グループ(クラス)では、年間の季節行事だけではなく、生徒やグループリーダーが誕生日を迎えた際にも、全員で朝のサークル対話の時間に歌を歌い、お祝いの言葉を掛け合う。グループリーダーが出産したり、誰かに弟や妹が生まれたりしたときなどもお祝いする。グループの誰かが重い病気や事故に遭ったり、不幸にも亡くなったりしたときは、グループリーダーが配慮しながら、子どもたち全員で悲しみを分かち合う。

人生に苦しみや困難はつきものだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。