イエナプラン ―インクルーシブな学びの実現―(10)生と学びの共同体を築く

日本イエナプラン教育協会特別顧問 リヒテルズ 直子



より良い社会の一員になれるよう子どもたちを育てる――。イエナプランは、この目標に向けて連載第2回で挙げた「20の原則」を実践している。この原則には、イエナプランが理想とする人間像、社会像、学校像が反映されている。異なった他者の価値を認め、誰をも排除しない社会の在り方だ。地球上の自然の恵みと数々の文化遺産を、未来に向けて大切に継承する社会づくりの観点がある。

イエナプランは、学校を「生と学びの共同体」と呼ぶ。学校を現実の社会を映し出す鏡として、心身障害や異なる文化的背景・社会階層の子どもたちを積極的に受け入れてきた。これは、オランダでイエナプラン教育を広めたフロイデンタールが、1960年代に自らまとめた「8つのミニマム条件」で、インクルーシブな学校という考え方を提示したことにも表れている。

インクルーシブとは、障害者に限らず、社会の全ての人が自分らしい個性を尊重されて生きられる社会を目指す態度だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。