職業としての教員―「教師」というレトリック(2)対立する二つの役割

教職員支援機構上席フェロー 百合田  真樹人





教員は学校教育制度の下で実践を担う役割を与えられる。教員とは役割を付与された職業的なアイデンティティーだと言える。

教員の役割は学校教育制度や関連法規に規定されている。言い換えれば、教員は学校教育制度の枠組みの中、制度的に設定された場で、制度的に用意された教える側と教わる側の関係性を維持しながら、教育実践を担う役割が与えられた存在である。

だが、教員の役割は多岐にわたる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。