クオリティ・スクールを目指す(139)実体験と報告書を書く学び

eye-catch_1024-768_takashina-school教育創造研究センター所長 髙階玲治

親切すぎる教科書の解説は必要か


子供の学びが教科書内容と連動して社会体験と結び付くことは、極めて有効である。体験で得た学びを報告書の形でまとめることは高度な取り組みとなるが、学びがいのある学習活動である。

その学習が小学校4年の国語教科書に見られる。地域のごみ処理工場の見学を報告書に書くという学びである。

内容は、「課題をみつける」「課題にそって見学メモを作る」「調べたことを整理して、組み立て表を作る」「組み立て表をもとに報告文を書く」「書いた文章を読み返す」というもので、その説明が極めて具体的で詳しい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。