校長のパフォーマンス(93)終わらない教員の働き方改革

eye-catch_1024-768_takashina-performance教育創造研究センター所長 髙階玲治


 中教審特別部会は、教員の働き方改革の素案を12月6日に発表した。①時間外勤務の上限を月45時間、年間360時間②授業準備や部活動を「勤務時間」とする③休日のまとめ取りをする「変形労働時間制」の導入④教員や地域が関わる業務の明確化――などである。

 これまでも教員の過重な労働は指摘されてきたが、教員の残業は自発的意思として当然視され、多くの教員は月80時間を超えることがしばしば行われてきた。その意味では、教員の働き方改革として具体的な提案を示したことは一定の前進と言える。特に喫緊の課題として時間外勤務に上限を設けたことは、一定の評価ができる。ただし、必要な残業としながら、手当を考えないのはかなりの矛盾である。「タダ働き」をいつまで続けさせるつもりであろうか。

 今回の改革案には、これからの学校教育や教員はどうあるべきかという、基本の論議がないままに操作的に残業時間を論じているようにみえる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。