教師集団の学びとリフレクション(16)外部講師に求める役割


東京学芸大学教職大学院准教授 渡辺 貴裕


 授業検討会に大学教員や指導主事などを外部講師として呼ぶことはよく行われています。そうした外部講師は授業検討会においてどんな役割を果たせるのでしょうか。

 検討会では、「授業者自評」やその学校の教員らによる「討議」の後、最後に外部講師による「指導講評」という構成がよくとられています。そこでは、外部講師は、その授業に対して、良かった点や課題、改善策などを述べるよう期待されていることが多いようです。

 私の場合、この構成の中で話をする場合でも、授業の良しあしを論評することはありません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。