職業としての教員―「教師」というレトリック(3)働き方改革への姿勢

教職員支援機構上席フェロー 百合田  真樹人

学校教育現場で働く教員は制度上の役割と社会的な期待を抱えて疲弊している。この実情は多くの人が知るところだ。そのため「学校における働き方改革」では、教員の役割を見直し整理する動きが進んでいる。

特に、放課後や休日にまで及ぶ部活動指導における教員の役割は、教員の働き方の文脈で多くの議論が交わされている。

議論では、教員の役割について二つの視点を明示する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。