全国学力調査から見えた 伸びる学校の条件(2)学力格差を克服する家庭とは

お茶の水女子大学教授 浜野 隆

前回は、世帯年収や保護者の学歴などの家庭背景(SES)と子供の学力の関係を見た。一般的に、SESによって学力に差が生じることを「学力格差」という。OECDのデータによると、日本の学力格差(家庭の社会経済文化的背景が1単位変化したときの学力の変化)は、OECDの平均よりもやや大きく、国際的に見ても決して小さい方ではない。

全国学力・学習状況調査の保護者調査は、これまで2013年度と17年度の2回実施されている。この2回の間、SESが学力に及ぼす影響の大きさはさほど変化しておらず、現在も学力格差は重要な問題であると思われる。

SESと学力との関係は確かに強いが、あくまでも平均値の比較から見たものである。……