全国学力調査から見えた 伸びる学校の条件(3)不利を克服する子供の特徴

お茶の水女子大学教授 浜野 隆


言うまでもなく、子供の学力は家庭の経済力や親の学歴によって全てが決定されるわけではない。不利な環境にあっても高い学力を達成している子供は決して少なくない。家庭の社会経済的背景(SES)が低い(下位25%)にもかかわらず、学力の上位25%(学力A層)に位置する児童生徒を「不利を克服している子供」と見なし、彼らがどのような特徴を持っているのか見ていこう。

第一は「非認知スキルの高さ」である。「非認知スキル」とは、読解力や計算力などの認知スキル以外の能力―粘り強さや忍耐力、自制心、好奇心、感情安定性、協調性を指す。近年、これらの能力は「社会情緒的スキル」「性格スキル」とも呼ばれ、学校生活のみならず、人生全般にわたる成功の鍵を握っているともいわれている。「不利を克服している子供」は、物事を最後までやり遂げる姿勢、異なる考えを持つ他者とのコミュニケーションなどの非認知スキルが高い傾向が見られた。

ここで重要なのは、SESと非認知スキルとの関係はそれほど強くないことである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。