クオリティ・スクールを目指す(140)持続可能な学校へそれぞれが努力を

eye-catch_1024-768_takashina-school
教育創造研究センター所長 髙階玲治





人口減少時代の学校の存立


人口減少の急激な波は、今までにないさまざまな現実を社会に迫りつつある。例えば河合雅司氏の『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』(講談社現代新書2017)には、「2020年には女性の半数が50歳超え」とか、「2024年には全国民の3人に1人が65歳以上」などの記事が書かれている。

また、『未来の年表2』(同2018)には、高校の例として、「11校の部員を寄せ集めた軟式野球部」がみられたと書かれている。少子化の影響で、軟式野球部を筆頭にバレー部、サッカー部、ソフトボール部などの合同部活動実施校が急増しているという。

そうした状況の背景には、出生数の低下がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。