全国学力調査から見えた 伸びる学校の条件(5)充実した家庭学習指導

お茶の水女子大学教授 浜野 隆

「教育効果の高い学校」の特徴としてまず挙げられるのは、学校が家庭学習の指導をきめ細やかに行っている点である。ここで言う「家庭学習」は宿題にとどまらない。児童生徒が主体的に取り組む「自主学習」の指導にも力を入れている。

「自学自習ノート」「自学」「自勉」など、地域によって呼称は異なるが、児童生徒が自ら学習課題を見つけてノートを作成する。この点が重要である。家庭学習の指導自体はほとんどの学校で実施されているようだが、他の学校とどこが違うのだろうか。

第一に、教職員の間で課題の出し方の共通理解が図られている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。