全国学力調査から見えた 伸びる学校の条件(7)小中連携の学びが重要

お茶の水女子大学教授 浜野 隆


「教育効果の高い学校」の特徴として三つ目に挙げられるのは、小中学校の連携教育である。言うまでもなく小学校の学びは中学校へと続き、小学校の学びは中学校の学習の基盤になる。学習内容や授業方法、学習ルールが小・中を通じて体系化されていれば、小学校から中学校へ円滑に移行できる。

その意味で、小中連携は学力形成の鍵の一つである。学力は学習の「積み重ね」の結果であり、小学校低学年、あるいはそれ以前から子供たちに累積した力だ。全国学力・学習状況調査は小6と中3を対象にしているが、調査結果として表れるのは、子供たちがそのずっと前から蓄積してきた成果である。

教育効果の高い中学校で高学力の要因を聞き取り調査すると、ほぼ例外なく「小学校段階での授業の充実と学習への構え(学習意欲や学習規律)の形成」が挙がる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。