職業としての教員―「教師」というレトリック(10) エビデンス・バンクの構築


教職員支援機構上席フェロー 百合田  真樹人


 教職員支援機構(旧教員研修センター)は、それまでの学校関係職員の研修機能に調査研究機能を加えて、2017年4月に新たな組織として再出発した。

 教育実践者は、急速に変化する予測困難な社会に適時適切に対応し、自律的に判断しながら行動する主体としての在り方が求められている。こうした在り方は、従来の教員に求められてきたそれとは大きく異なる。教員養成機関と教育委員会との連携強化をはじめ、教員の養成、採用、研修の一体化も、21世紀に教育実践を担う主体としての在り方を模索する上で、極めて合理的な要請だろう。

 これまでの教員養成機関は、ドメスティックな学校教育制度とその枠組みを前提にしてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。