全国学力調査から見えた 伸びる学校の条件(9)基礎・基本の定着を図る

お茶の水女子大学教授 浜野 隆

「教育効果の高い学校」の特徴として五つ目に挙げられるのは「全ての子供に基礎学力を定着させる」姿勢である。本連載の第5回でも述べたように、教育効果の高い学校は、誰一人取り残さないという方針を持っている。「誰一人取り残さない」とは、できない子や遅れがちな子、不利を抱えた子を排除せず、包摂的(インクルーシブ)に学ばせるということである。誰一人取り残さない姿勢こそがインクルーシブの本質であり、ここまで述べてきた「教育効果の高い学校」とはまさに「インクルーシブな学校」だと表現できるだろう。

教育効果の高い学校は、どの子供にもごく基本的なことを定着させる取り組みが徹底されている。具体的には「朝の始業前や昼休み、帰宅前に十数分のドリルを行う」「宿題としてドリルを課す」「単元末テストを家庭に持ち帰らせ、保護者のチェックを経て、ファイルに蓄積する」「子供に自分の弱点を補強する学習をさせる」などの取り組みがみられる。

一人一人の子供の基礎・基本の定着を図るには「個に応じた指導」が必要である。……