全国学力調査から見えた 伸びる学校の条件(10)保護者や地域との連携

お茶の水女子大学教授 浜野 隆


 本 最後に挙げる「教育効果の高い学校」の特徴は、学校と保護者(家庭)、地域との連携である。具体的には次の3点を指摘しておきたい。

 第一に、学力調査の結果を保護者や地域に公表・説明し、調査結果を踏まえた学力向上の取り組みを保護者らに働き掛けている。図を見ると、教育効果の高い学校は、全ての学校が保護者らへの働き掛けをしているのに対して、効果の低い学校は3分の1以上が「あまり行っていない」と回答している。

 第二に、地域リソースを積極的に活用している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。