校長のパフォーマンス(95)現代の教養とは何か

eye-catch_1024-768_takashina-performance教育創造研究センター所長 髙階玲治


数学者で作家の藤原正彦が『国家と教養』(新潮新書、2018)で教養の在り方を説いている。その内容は、ギリシャの教養がルネサンス時代に西洋で花開くありさまや、ドイツ、英国などの教養の考え方の違い、またわが国において漱石や鴎外が身に付けた明治期の教養とその後の衰退など、かなり詳しく論じていて興味深い。

しかし、最近は「教養」という言葉をほとんど聞かなくなった。ただ、教育に関しては2002年に中教審が『新しい時代における教養教育の在り方について』(答申)を出している。

その答申は、今なぜ「教養」なのかの問いに、冷戦構造崩壊後のグローバル化、少子高齢化、都市化、情報化、科学技術の進展などの社会変動を迎えて、既存の価値観が揺らぎ、社会共通の目的や目標が失われていることから、自らの立脚点を確立する新しい時代の教養教育が必要だとしている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。